見えないところに配置されやすい排水管と水漏れの問題

見えないところに配置されやすい排水管と水漏れの問題 生活環境を考えた時に、水を使わないという人はいないでしょう。人間には水分が必要であり、さまざまな場面で水を使って生活していきます。この時に給水するだけではなく、使った水をどうするのかといったことも考えていかなければいけません。給水と必ずセットになってくるのが排水管です。排水設備があってこそ、設備として機能できるようになるといえるでしょう。だからこそ、この排水管から水漏れを起こしてしまうというのは、生活に大きな影響を与えることになっていきます。いざというときに、焦ったりしないように、排水に対する知識を持っておくことは、水漏れというトラブルを含めて、生活していくうえでも重要なことになってきます。

■見えない場所に配置する

生活していると、給水管はすぐにわかるはずです。どこにあるのかも蛇口から追っていくことも難しくありません。ところが、排水管となると、一体どこにあるのかわからないことが増えてきます。その理由が排水管はできるだけ見えないようにしておくからです。給水は蛇口などによって使うときに開かなければいけません。
ところが、排水は使った水が流れていけばいいだけになるため、低い位置に取り付けていくことになります。そのまま床下を通すことになってくるため、排水は目立たないところに配置されることになるでしょう。実際には本当に多くの場所に使われており、大事な設備になってきますが、自分の家であっても位置を知らないことは珍しくありません。だからこそ、水漏れを起こすと大きな問題になっていきます。

■生活する場所には排水管がある
排水管がある場所は多岐にわたります。お風呂場では、浴槽から洗い場につながり、そのまま排水されるかたちが一般的です。キッチンはシンクの下に設置されているため、物入れになっている部分を開けると目につくようになるでしょう。洗面台の場合には、排水口が見えるようになっていることもあります。キッチンと同じような構造を取っていることもあり、わからないように目隠ししてしまうことも可能です。
トイレも便器から排水がつながっていきますし、外を見れば、雨水を下水に流していくのも排水管になります。改めて考えてみると、生活している空間の各所にあるのがわかるはずです。こうした配管は、排水設備に集められて、下水につながったりするのですから、各所から水漏れする可能性も考えておかなければいけません。

■見えないからこそ広がる被害

排水の水漏れは、使った水が流れていくことにあります。圧力をかけて送水しているのではなく、使った分だけ流れていくのが特徴です。さらに使用された水が漏れていくことを考えると、衛生上大きな問題が出てくるでしょう。修理も簡単なレベルのものもありますが、場所によっては簡単に手が出せないようなことも出てきます。
配管ということで見えるところだけではなく、まったくわからないような場所にあることも出てくるからです。自分で修理できるようなこともありますが、清潔な環境を作るためにも、確実な修理も必要になってきます。見えない場所ということで、思っている以上に被害が広がっていることも考慮に入れるべきでしょう。

■まとめ
排水管 水漏れは、給水管の水漏れのように派手に被害が出てくるわけではありません。ですが、衛生環境で考えた時には、給水管よりも大きな被害が出てくると考えなければいけません。汚れもひどいものになっていきますし、下水から臭いや害虫が上がってくるようなことも考えられます。異変に気が付きにくい部分もあるのは確かですが、臭いも含めて異変を見つけた時には、検査をしながら発見に努めることが必要です。知識がなければわからない部分もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース